「それでも僕は、僕の進む道を変えるわけにはいきません」

今日は、「相棒 劇場版2」を見てきました
a0087851_1563629.jpg

大変面白かったです
後味の悪さというか相棒らしいなと思いました
タイトルは右京さんのセリフですが
人間生きてるうちに「自分の道」を見つけるものかもしれません
時にはその道を踏み外しそうになったり・・・
もがきながらその道を進んで行くものかもしれませんね
自分の道を進める、、そんな強い人間でありたいとは思いますね

あまり書くとネタばれになってしまうのでMoreに





「おかしいね・・・殺されるならおまえ(右京)にだと思ってたのに」

小野田官房長の最後の言葉でした
「相棒」という世界で小野田公顕という人物はとても好きでした
ですから今回の死という結末は残念ではあります
しかしキャスト、スタッフさんが考えての決断なら仕方がありませんね
もう出演はないでしょうがいつまでも心に残ると思います

小野田公顕演じる岸部一徳さん
長い間ご苦労様でした、ありがとうございますと言いたいです
これからもすばらしい俳優人生を歩んでください

なんか偉そうですねw でも大好きでした
回転寿司の皿は戻さなくなったのは成長ですねw
[PR]

by pentori | 2010-12-25 15:16 | 日常 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/11780393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakura at 2010-12-26 18:23 x
もうさっそく観てみたんですねー^^
私はまだなので、モチロンmoreは見てません・・
時々右京さんの あくまでも、真実を追い求める姿勢が強調されているときとかいろいろ考えさせられる事があります。

元旦もスペシャルあるし、来年も相棒から目が離せませんねー。
Commented by pentori at 2010-12-26 19:03
はい、観てきました^^
正義とはなにか?とかいろいろ考えさせられますよね

スペシャル含めて今後相棒の世界がどうなるのか
楽しみでもあり不安でもあります