反省すべき点は多々あるようです

昨日は、九州瓦に行きました

大友野戦2の耳川でしたね、一門の新人さんを含めた一門メンバーで行きました
衣で消えれるので道中楽ですしボスも問題なく撃破しました
義弘さんは若干やばかったけど(^_^;)
新人さんにダルマ神秘もいきましたし武功もたくさんもらえて感謝^^

さて、同時に織田会議にも参加はしてたんですが
表裏氏の件でいろいろ対応があったようですね、織田家内部の事なのでここでは書きませんが
今回の件、表裏氏が非常識だったのは当然ですがきなこ餅氏も問題なかったのかとなると・・・
先週の合戦でもいろいろ不快に思った方はいるみたいですしね

合戦は大勢の方が参加するコンテンツで参加する方は合戦に勝利するために来ています
何せたくさん人がいるわけでいろんな意見がでます
その辺で言葉の行き違いみたいなものもありますね
ただその言葉が「単なる意見の食い違い」か「暴言、人を不快にする発言」と
人それぞれ受け止め方がちがうと思います
なのでいくらきなこ餅氏や織田の方が今のは暴言じゃないと言っても
受け取る側が不快に思ったらそれは限りなく暴言に近いものになると思うんです

みんな合戦に勝利するという目標には向かってますが
なかなかその辺の言葉や意見のぶつかり合いになります
なので今回の件できなこ餅氏も「できるだけ言葉を選んでほしい」と思います
もちろん私もこれは合戦に参加するすべての人もそうあるべきです
言葉は(信Onの場合はチャットですが)一度だしたらもう飲み込めれません
それが怖いとこだと私は思います

今回の織田会議に参加してみてこんな風に思いました
今回の表裏氏の件について関わった人間それぞれが反省すべき所はあったようです
[PR]

by pentori | 2011-11-07 17:51 | 信on | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/13961253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。