岡田氏とのイザコザについて

今日はちと岡田吉之助氏とのイザコザについて書いてみます
正直反論みたいな事を書くのが今更感なんですけども
あちらがいきなりいなくなったり急に現れて好き勝手に書くみたいで
こちらも正直いつ書けばいいのかわからない状態なんですよね
昔の話なので記憶が鮮明じゃなく時系列が前後する場合もあります

さてそもそもなんでこんなに揉めてるのかから書こうかと思います
萌黄時代、私はある一門にいました、でもそこを抜けました
そこに今でも親交のある方が私設に誘ってくれました
私設名「お金で解決」です
そこで弾正さん初めとした今でも同じ私設にいるメンバー多数と出会いました
岡田氏とも出会ったのはこの私設です
そして一門も抜けた私をSさんが自分の一門に入れてくれました
で、まあ月日は流れて僕は旧萌黄掲示板で晒されてました
今は無いのであれですけど当時サーバー合併が発表されて一門が一国200までしか残らないという
コーエーから発表がなされました(後日すべての一門が名前かぶりはともかく残るに変更されました)
そこで晒しで言い合いになってたんですが
「たぶんうちの一門(名前)は残らないかな~」と書き込みました
当時はSさんの複垢キャラと僕の1キャラしかいない一門なので残らないだろうなと自虐的に
結果的には一門は残る事になりまた晒しも続きました
その萌黄晒し板の顛末はこちらですね→萌黄掲示板停止
さてそこで書き込みに問題ありと激怒した人がいます。岡田氏です
彼の言い分は「なぜ入れてくれと懇願した一門の名前を晒しに書いたのか」です
それについては当時話し合うみたいな事がありましたが
岡田氏の結論は私設を追い出すだろうと推測しました
なので結論ありきの話し合いならするだけ無駄であり私から私設を抜けました
そして今の弾正さんが裏で運営してた私設に入りました
「お金で解決」は翌日解散したようです、抜けて弾正さんの私設に来る人、岡田氏の新私設に残る人
両方に籍を置く人いろいろいたようです
ここまで書いて僕にはわからない疑問が一つ
一門名を晒した事が問題なら一門のリーダーのSさんと僕の問題ではないかという事
正直ブログにも一門名は書いてたし公然の秘密みたいなもんです
いまさら僕が書くまでもなく晒しでも頻繁に登場してました
岡田氏は懇願して入った一門に対して~云々と言ってましたが岡田氏はそもそも別一門
本来首を突っ込む必要がないはずなんですが私設のオーナー的立場からそうさせたのかも知れません
まあ、たしかにあまり晒しに書き込まない方がいいという忠告は岡田氏からあったのも確かです

さて、サーバーも統合されて弾正さんの私設
そもそもなぜこ私設ができたのかと言うと対人上覧大会にでるメンバーを集めるための私設です
なので上覧メンバーのほとんどが私設にいました
どうしてもいない場合ヘルプで外部から来てもらう事もありました
さて、そこで面白くないのは当然岡田氏。彼からすれば赤城一刀は不倶戴天の敵
本来なら旧お金で解決のメンバーは岡田氏と共に卑劣なる赤城一刀を糾弾すべきはずなのです
当然そこで僕以外のメンバーに対して矛先が向かうことになります
特に気の毒なのはSさんでした
すでにその時Sさんから一門から出てってもらいたい旨の申し出がありました
当然ですね、晒し掲示板に書き込むような輩ですから僕は
で上杉私設で一門に入れてくれるところ探しました
で、それが今所属している一門となります
話が逸れましたがSさんもブログやっていました、そこで上覧のメンバーとして参加してくれたんですね
そこでSさんも最終日にSSを載せてメンバーの記念写真を載せました
当然岡田氏は激怒します。事もあろうに赤城や弾正さんとチームを組んで上覧にでるなど・・・
怒りの矛先はSさんに向けられます。
Sさんのブログに非公開のコメントを書いたそうでしつこく謝罪を要求されたようです
Sさんはブログを削除し引退という道を選ばざるを得ませんでした
時には夜中の0時から朝の5時半まで岡田氏からの粘着対話があったりしたそうで申し訳ないと思いました
そこでSSをお借りして載せた記事がこちらですね→第64回上覧武術大会の想い出

とは言え僕や弾さんも手をこまねいていたわけではありません
発端はこちらの晒し掲示板でした→【必要悪】信on晒しスレ14【八重桜 岡田吉之助】
こちらのレス番53から始まる一連のやり取りです
僕が寄合所に「赤城一刀@戦国一睡の夢@萌黄」そして「岡田吉之助@八重桜」で
書き込みをしててIPが一致したという話です
とはいえ僕はそんな事を書いた覚えがないのレスバトルとなりました
(これが後々晒しを自白したという根拠になります)
晒し掲示板の中のやり取りを見てもわかりますが僕のIPアドレスと全く違うものでした
調べましたが寄合に書かれてたものは大分県のようですし僕は愛知在住なので当然IPアドレスが違います
あまり詳しくないんですけどIPアドレスって頻繁に変わったり
いきなり県が変わるとか国が変わるとかあるんですかね
で、じゃゲーム内で僕のIP公表みたいな事したんですが弾さんに大事になるからやめときと言われ
話をつけるならお互いが立会人をつけて話し合ってみればどうかとなりました
そして当日赤城、弾正さん、Sさん、Mさん、岡田氏の5人で話し合いの場を設けました
お互いいろんな言い分がありましたしあまり記憶も鮮明ではないんですけど決まったことは一つ
「お互いもう晒しには書き込まない」ということでした
いわゆるネット掲示板というのは匿名ですので容易になりすましができます
誰が書いたのかわからないのですから当然です
お互いがこれはお前が書いたんだろう、書いてないの水掛け論です
この中で寄合の話もでましたが僕はそんなものは書き込んではいません
もし仮に僕が書き込むとしたら「岡田吉之助@八重桜」のみでしょう
わざわざ「赤城一刀@戦国一睡の夢@萌黄」なんて書き込む必要なんかありません
しかも先に書かれていたのは「赤城一刀@戦国一睡の夢@萌黄」ですし後追いで
「岡田吉之助@八重桜」が書かれ始めたのですから
これらを書き込んでいた人物はIPアドレスから同一人物であり
寄合の管理人さんによりアク禁にされたようです
で、ここで重要な点が一つ
岡田氏が書いている「晒しを自白した」という文言
その論拠になってる部分が恐らくこの一連の晒し掲示板のやり取りであると思います
話し合いの中で晒しに書き込んだかどうか聞かれました、
なので岡田氏と思われる人物からのレスにたいする返事として書き込んだことは認めました
だからといって岡田氏への批判的な書き込みその他無差別晒しなどは
全部僕が書き込んだとするのは違います
晒しにまったく書き込んでないとは言いませんがすべてをあたかも書いているように思われては困ります
そもそも匿名で誰が書いたものかわからない訳ですから僕が書いていないという証明も難しいでしょう
ですが書いたという証明をするのも難しいと思います
日本の現在の法律ならば弁護士を立てて裁判所からしかるべき令状を取り
プロバイダーの開示請求などしなけらばならないでしょう
非合法ならばハッキングとかも考えられますが逮捕されてしまいますね
個人がネット掲示板ををこれは誰が書いたかと証明するのは不可能ではないかと思います
同様に書いてないことを証明するのも難しいでしょうけど書いて無いものは書いてないと言うしかないです
さて、話し合いで決まったお互い「晒し掲示板にもう書かない」という約束
これはもう反古同然になってるのかなぁと思います
岡田氏がTwitterやブログを開設した事は個人の自由ですし
たしかに正確に言えば「晒し掲示板には書き込んでいない」事になります
ただ当時立ち合いして頂いた方はある方は引退、絶交、「もう手に負えない」という状態になりました
何の為の話し合いだったのか正直わからなくなったのが現状です

特にですが僕以外の方に対する嫌がらせ、粘着対話がひどすぎるというのも今回書くきっかけとなりました
岡田氏のTwitterやブログを見ますとやはり弾正さんやSさんに対する恨み骨髄な気がします
特にSさんは女性なのですがその方も絶交してたようですがある伝文を岡田氏は託したようです
内容は「お前も疲れたろう、もう楽になっていいぞ」というような内容だったそうです
正直ゾッとする内容であります
加害者が被害者に対して「お前が非を認めれば寛大な俺は許してやる」という感じがします
これが岡田氏の本質をよく表していると思います
自分は常に正義であり悪は赤城一刀である、それと親しくしてる奴らは敵である
悪に与する連中には制裁が必要である、正義である自分によって・・・そんな印象を受けますね
まあ、要するに「男の嫉妬」なんだろうなと思います

長々と書いてきましたが岡田氏という方は思い込みが激しいと思います
ネットで匿名で書かれた事を何の疑いも無しに信じ込んでるというのが問題です
そもそもどこの誰が書いたのかわからない書き込みを事実のように信じて
それでTwitterやブログを書く
自分で考えているようで考えていない
自分の思い描いた筋書き通りに合うようにネットの情報を集めてる気がします
現在在籍している私設の方達はほとんどが岡田氏を絶交しています
それも致し方ないという気がします、もうまともに話が通じる相手じゃないですから

これらが一応事の顛末ではないかと思います、記憶違いがあり後から追記するかもしれませんが
岡田氏に言いたいのは赤城一刀の腐った所業を晒すとのことですが
僕はたしかに清廉潔白な人間ではありません、昔ひどいこともしました
ただ結果的にあなたがTwitterやブログで行っている事はその同じ腐った所業です
そんな事は百も承知なのかもしれません
ですがいつまでも恨みを抱いて書くのかゲームを仲間と楽しむのか
そういう選択は無かったですか?これしか方法はありませんでしたか?
たかがゲームされどゲームなんでしょうが他の道が無かったのか・・・
僕も日々反省ですがご自身を省みていただいても良いのではないかと思います
長々とここまで読んでいただいた方は感謝です
質問あればコメント欄に書いて頂ければ幸いです

[追記」
この記事に対して今更感が強いのは事の発端が2014年10月25日から始まっています
そこから断続的に岡田氏との話し合い岡田氏による粘着対話等が始まっています
2年以上に渡り続いている話でできるだけ当時の記憶に基づいて書いています

寄合所にて「赤城一刀@戦国一睡の夢@萌黄」「岡田吉之助@八重桜」と書いた人物が
アク禁になった際のやりとり
a0087851_09213136.png
a0087851_09220643.png
アク禁になった人のIPアドレスが180.49.18です
僕がその直後書き込んで岡田氏らしき人物が指摘しているIPアドレスが218.41.160.112です
違うIPでもアクセスできる例でこれもアク禁した方がいいと書いてますね
でも、明らかにまったく違うIPなのになぜ同一人物か言い切れるのかも説明が欲しいところです
晒し掲示板に書き込んだのもすべて僕と言うのならそれも明確な証拠をだして説明して欲しいものです
以上が追記になります

[PR]

by pentori | 2017-03-24 01:53 | 信on | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/23742213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。