イジメ問題について

さて今日は昨日に続いて知人を紹介と思ったのですが昨今話題になっているイジメについて私の体験談を少々書いてみようかなと。

実は私も中2の頃イジメに遭っていました。原因はなんかよくわかりませんがどちらかというと暗く友達も少ない私を狙ったのでしょうね。クラス内のグループにやられていました。主に言葉や軽い暴力またイヤガラセを受けていました。靴隠されたり教科書に「死ね」といたずら書きされたり机にゴミ入れられたりてな具合です。友人達も陰では「ひどいね」と言ってましたが表立っては助けれませんそらそうだわな助けたら今度は自分がやられるもん。また、やられた人にしかわからないかもですがなかなか親や先生には相談できませんでした。いわゆるチクリという行為が恥ずかしい又その後の報復が怖いてのが理由でしょうか。とはいえもう毎日が憂鬱「死んでしまいたい」「世の中神も仏もないものか」状態でした。
そして「いっそ死んじゃえば楽になるかも・・・」と死神の誘いが。
その状態を脱したのが笑わないでね(’’;「装甲騎兵ボトムズ」というアニメ。これが面白かった
そして思ったのが「死んだら続き見れないべ」とても単純な理由w
さらに主人公がたった一人で敵に立ち向かう姿に「俺もがんばろう。死ぬわけじゃないし」と思った次第。とアニメに励まされた私が思い立ったのが「反撃」先に仕掛けたのは向こうだしこりゃ一つの戦争じゃなと思いました。
とはいえ多勢に無勢相手は8人程のグループまともにいっても勝ち目なし。
そこで考えたのが「各個撃破」相手が一人になるのを狙う作戦。まず標的はリーダー格の奴(Gと呼びます)Gの通学路を調べどこで待ち伏せるかなど気分は暗殺計画を練るゴルゴ13そして授業中も襲撃シュミレーションを立て計画を練ります。そして決行当日部活を休みGの通学路に先回り息を潜めて待つ私の頭の中では必殺仕事人のテーマが・・・そしてGが来た!
まずは前に立ちふさがります。ちょっと驚くG。「なんだよ!」ひるむことなく「なんであんなことするんだ」と聞く私。「ああ?面白いからだよ!」そこで私のリミッターが外れました。「人が死のうかどうしようか悩むんでいるのに面白いだと」その後はまさにボッコボコ多少反撃は受けますが構わず殴ります。やがて倒れこむGにも容赦なく殴る、蹴る、ドツク。最終的には田んぼに突き落としていました。「人いじめるならこれくらいやられるんだ!腹くくってこいや」とよく覚えてませんがそんなような捨て台詞を吐き夕日をバックに帰りました。そんな私の頭の中にはなぜか杉良太郎の「すきま風」が流れていました(古w)
さて翌日当然ながらGは休みどうやら怪我は打撲程度のようそして担任の呼び出しを受けました。学年主任と担任立会いのもと事情を聞かれますがそこへドタドタと来たのが全校1怖い先生として知られるY先生第一声が「〇〇(私)どうしたんや!」実は私Y先生とは仲が良かったんです。他の生徒が萎縮して話すのに私は気軽に話してたりしたからでしょうか。よく会うと冗談言ったりしてました。
でまあ、3人の先生の前で今まで受けたイジメについてそしてなぜGに対し暴力を振るったのか説明しました。先生方のありがたかった所は私を一方的に悪いと決め付けなかったこと。事情をきちんと聞いてくれました。ちなみにY先生は「そりゃつらかったのう」Gに反撃したことには「ようやった!男や!」と若干教師にあるまじき言動でしたw
さて当然ながらイジメに参加してた連中も翌日まとめて呼び出し。たっぷりとしぼられていました。そこでもY先生「これでまた何かしたらタダじゃおかんぞお前らそこわかっとるじゃろうな」とまた教師にあるまじき言動ですw
Gの親も子供がイジメをしていたという事を学校から知らされその後は私の両親とも話し合い両者で謝罪しあいました(もちろん私も)。
まあ、もちろん親にも怒られた訳ですが「なぜイジメの事言ってくれんの」と泣かれたときはやっぱ手段を間違えたかなとも思い「すまねえ父ちゃん母ちゃん」と思いました。学校からもイジメに気づかず申し訳なかったと謝罪があり今後はキチンと対処していくとイジメアンケートも実施されました。その後私に対するイジメはぴたりと止み平穏な学校生活が戻りました。キレルとやばいというおかしな評判もオマケでついたようですw

さて長々と書きましたがやはり私の場合良い先生にめぐり合えたことが良かったのかなあと一人の生徒にエコヒイキに近い対応をしてくれたりしましたからね。また、仕返しに暴力という手段はマズいことですがそこを単なる暴力沙汰ととらえずに対処してくれたことでしょうか。逆にもっと早く先生にSOSを出していればと思います。最近のイジメ自殺を見ていると学校も知らない、親も知らないというケースが多いようです。また学校も見てみぬふりしてたりもあるようで気骨のある先生が少ないのかなとも思います。もし今イジメに遭っているのならぜひ一人で抱え込まず先生や両親に相談してほしいと思います。さらに言えば命をすり減らしてまで学校に行かなくても良いと思います。命に代わる物などこの世にありません。私の場合はああいう手段をとりましたが別に学校という場から逃げても良いと思います。どうかたった一つの命を無駄にしないで欲しい。多くの人達が悲しみます。そこのところを良く考えて欲しいとおもいます。
そしてイジメをしている人達いつかその行為は自分に返ってくるよ。因果応報その報いは必ずどこかに来ます

と、まとまらない話でしたが自分の体験を交えて書いてみました。長文、乱文すいません。
さて嫁さんとイジメについて話した時自分の子供が遭ったらどうするか対処法を考えてみたところ「俺はとりあえずいじめてる奴をボコボコだな」どう考えても犯罪「じゃ私は家を要塞みたいにして子供を守るわ」「いいね家庭教師雇って学校に行かせなきゃいいべ」という会話を小1の息子はどう聞いていたのでしょうw願わくばいじめる側にならずにイジメられてる人を守るような子供になって欲しいと思いました。
ちなみにY先生とはいまだに電話や手紙のやりとりをしています。もう現役は退かれてますが当時の思い出を話したりしています。いつまでもお元気でね先生
[PR]

by pentori | 2006-11-15 11:50 | 日常 | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/4688532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 犬神仁 at 2006-11-15 22:38 x
はじめまして。実はこっそり拝見してました。
さて、このネタですが私も気になっていましたが
さすがに書くまではいかず、、、
この場を借りてコメントを。

赤城さんはいい先生に出会ってますね。
私の頃もいましたが。
個人的には色んな意味で個性や熱い先生がいないってのが1つあると思います。
あと、先生ー親の関係も昔とは違う感じですね。

今でこそ虐待となってしまう事が昔はあったけど
それでもいい時代だと思うのは私だけでしょうか。
Commented by 美晴 at 2006-11-16 01:09 x
こんばんは。
私もあかさんは、ほんとにいい先生に出会えたなぁと思います。
そこまでちゃんと聞いてくれる先生と、わかってくれる先生がいっぱいいればいいのにと思います。でも、もし私がいじめにあっていたとしたら、私も、先生や両親にいえなかったんじゃないのかなと思います。いえなくてどんどん自分の中にとじこも
Commented by 美晴 at 2006-11-16 01:18 x
すみません、なんか送信されてしまって途中になってしまいました><

とじこもってしまってしまうと思います。今の年で思えることは、一生学校へいってる訳じゃなく、高校、専門学校や、大学とか、就職とか、恋愛して、結婚したり、まだまだ楽しいこともいっぱいあって、いろんな未来の可能性があるんだから、思い悩まないで、誰かに相談したり、あかさんのゆうように、学校にいかなくてもいいと思います。あかさんのこの文章を、いじめで悩んでる人が一人でも多く見てくれたらなぁと思います。
Commented by 一刀 at 2006-11-16 10:07 x
>>犬神さん
コメントどうもです。
たしかに今の先生はどこか色んなしがらみにとらわれて
こうしたいのに出来ないていう先生が多いのかもですね
親のあり方も確かに変わっている気がします。

Y先生なんかは竹刀持ち歩いて見てる分には怖かったです
でも情のあるいい先生でした。
先生も親も一度自分達のことを見直して子供達のためになにがいいのか
じっくり考えなくてはいけない時期に来てるのではないのかなあ
Commented by 一刀 at 2006-11-16 10:14 x
>>美晴さん
確かにほとんどの人がとじこもっちゃうでしょうね
そこを先生や親がいかに早く見つけてあげるかというのも大事でしょうね
未来の可能性正にそうですね、私もそう思います。
命削って行く所でもないですし身近な人に相談してたった一つの命大切にして欲しいです。
Commented by at 2006-11-16 19:12 x
現代の子供や教師はなんちゅうかキャパシティがなさ過ぎる気がするねぇ、心が狭いというか。
自分から動こうとする、打開しようとする人間も少ないんかな、あと友人や子供のことに気付いてあげれる人間も少ないのか。

うーん、困った世の中だ(’’
Commented by 一刀 at 2006-11-16 22:22 x
>> ●さん
たしかにそうかもですね
自ら動く動こうという人が少ない気はします
子供の事良く見てあげる人がいないとなあ