相棒&田倉崎

昨日は、相棒の最終回スペシャルを見てました。
最終回にふさわしいなかなか面白い作品でした。
画期的な軍事衛星のプログラムを作りそれをテコに日本版CIAを作ろうとする警察庁、防衛省、公安調査庁、外務省の人間が軍事転用を拒んだ双子のプログラマーの兄を殺してしまった弟の殺人を隠蔽しようとします。そしてそれを後押しする警察庁長官。そんな中警察庁公安部の人間が謎の病死、さらに防衛省の役人も病死、10年前に某国の工作員による日本人殺害なども絡んできます、その事件解決に挑む特命係。二人が襲われたり、薫が拉致されたりと特命係にも危機が迫ります。防衛省、公安調査庁、外務省の3人を逮捕するのですが圧力がかかり身柄が拘束できません。隠蔽に走る警察上層部との対決、右京さんの裏技が冴えてました。国家の大事と人の命どちらが大切なのか、それを投げかけた作品のような気がします。

なんとなく相棒マニア?wぽく感じたことを
・それとなく右京さんに捜査を依頼する官房長。部屋のカギと写真を偶然持ってたてw
 相変わらずハンバーガーとかで食事するんだなあこの二人
・右京さんは格闘でも強い、公安調査庁の人間相手に勝ってました。
・小野田官房長の家初登場デケーw
・薫ちゃんやっぱり捕まるのね
・正月スペシャルの支配人さんも登場、たまきさんと美和子の護衛に狩り出される捜一トリオ
・組織犯罪対策課の刑事さんはさすがに強い、協力してくれてさすが
・「あなた方がテロリストじゃないか!」右京さんの激昂が聞けました。痺れますね
・官房長と右京さんあ、うんの呼吸ですね~、てかこの三人が組めばどんな事件も解決しそう
・警察庁長官まで退官に追い込む官房長怖いw
・やはり小野田官房長は腹黒いw相棒の最後は右京さんとの対決かなあ
・副題の「サザンカの咲く頃」衛星プログラムのパスワードでしたがもしかしてサザンカの咲く頃にまたお会いしましょうていう制作のメッセージ?シーズン6やるといいなあ 
と、こんなん書いてみました。しばらく見れないとなると寂しいですね。

さて信onは田倉崎に参加。もうかなり足利さんの押し気味。
平地地帯なんですが方向が違うせいかなんか地形がつかめませんw
防衛、叱咤したりしてました。ゲリラでは右先高山、中先松永に取り付き撃破。
右中筒井に救援で入り撃破。5人で落としました@@;
また一週間がんばりたいですね。
[PR]

by pentori | 2007-03-15 10:05 | 信on | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/5239426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。