立て篭もり事件に思うこと

愛知県長久手町の立て篭もり事件が犯人の投降という形で解決しました。
駆けつけた警察官が撃たれ5時間も救出できずさらに対テロ特殊部隊(SAT)の隊員が撃たれ殉職されるという大変な犠牲がでました。
報道なんかを見てみると刑事部捜査一課(特殊班)と警備部(SAT)との連携がうまく取れてなかったのではないかとあります。犯人の「説得、逮捕」が目的の刑事部と「制圧」が目的のSAT目的の違う組織がお互い連携しあうというのは難しいのかもしれません。指揮系統もちがうでしょうし・・・とはいえ犠牲者がでた時点で強行突入という選択肢はなかったのかなとも思います。
また、人質が自力で脱出した時点でも?と思うのは素人考えでしょうか。
最後まで犯人説得逮捕を目的とした刑事部主導で動いていたのでしょうか。
犯人といえども人命を尊重するのは日本の警察の良い所でもありますがもどかしさも感じた事件でもあります。やはり早期解決を考えると納得できない部分があります。

また警察だけでなくマスコミの報道の仕方もどうなんでしょう。逐一警察の動きを報道するような真似をしていましたが・・・犯人もテレビくらい見るでしょうし警察の動きを知らせてどうするんだと思いました。報道する義務もあるでしょうがよく考えてすべきではないでしょうか。

それにしてもこれだけ銃を使う犯罪が増えるというのは大変ですね。よくアメリカを銃社会と批判が聞こえますが日本もそういう社会になりつつあるのではないかと思ってしまいます。
取り締まりもやってるのでしょうがさらに厳しく取り締まりを強化して欲しいです。

殉職されたSATの林警部は奥さんと産まれたばかりのお子様がいたそうですしなんともやりきれないですね。職務上覚悟はあったのかもしれませんが気の毒ですね。
この死を無駄にしないためにも今後の警察の対応、装備の見直しなど進めてもらいたいものです。
最後に林警部のご冥福をお祈りします。
[PR]

by pentori | 2007-05-19 10:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/5608119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。