弁護士ってなんだろう

弁護士と聞いて皆さんはどんな人を思い浮かべますか?
なんとなく法廷での正義の味方、被害者、加害者を問わず人権を守るみたいなイメージを思うのは私だけでしょうか。
ただ山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審を見てみるとそんなイメージを覆すものでした。21人の弁護団が展開したのはまるで荒唐無稽なストーリーをあたかも事実のように話とにかく死刑を回避しようとする姿勢がありありと見えました。
なんというかこれを弁護と言えるのでしょうか。私にはとにかく死刑を回避したいだけの稚拙な論理を繰り広げてるようにしか見えないです。
聞くところによるといわゆる「死刑廃止論者」の弁護士の方ばかりのようですね。
ただ死刑廃止、存続は立法府である国会で争うべきで個々の裁判で死刑を回避する事じゃないと思います。死刑を回避することで世論の喚起を促すのが目的かもしれませんが今回の裁判の弁護を聞いてると遺族の方や亡くなられた方への冒涜のような気がします。

私は少々過激かもですが殺人を犯した人は被害者側に落ち度が無い限り死刑でいいと思ってる人間です。そもそも加害者の生い立ちとか家庭環境を考慮に入れないといけないのかなと思います。情状酌量も必要でしょうが被害者に直接関係のない事案を判決に考慮すべきなのかなと思います。まあ、なかなか難しいですね(。。

光市で殺された子供はわずか11ヶ月で生涯を閉じました。それなのに犯人は8年も生き延びている・・・ここに理不尽さを感じるのは私だけでしょうか。
[PR]

by pentori | 2007-05-26 10:27 | 日常 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/5643316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ムツ at 2007-05-26 12:52 x
・主婦を殺害した後、「強姦」したのは、「死者を復活させるための儀式だった」。
 こんなとんでもない主張を、山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審で弁護団がした。

http://www.j-cast.com/2007/05/25007937.html

裁判長!弁護団の精神鑑定を要求します!! (σ;*Д*)σ死刑!
被告に弁護士がつくのは犯した罪以上の求刑をされないためであって、求刑を軽くするためじゃないでしょうに('A`)
Commented by 一刀 at 2007-05-26 16:37 x
全くもってその通りだよね。
もしこれで死刑回避とかになったら日本の司法はおかしいと思う。
弁護団はまず弁護士とは何かから考え直すべきだと思う
人の死を自分のイデオロギーの主張の為に利用しないで欲しい
Commented by 風雲プレイヤー at 2007-05-28 09:37 x
この弁護団は死刑廃止論者の集まりのようですね。
死刑廃止についての論はいいとしても、今回の事件に
関する彼らの主張にはあきれ返りますね。
(儀式や母に対する思いや、弟の首に紐巻いただけ
とかってなに?って感じ)
こんな主張が許されるならそもそも弁護士の存在意義って?
とまで思ってしまいます。
日本の司法の質が問われる裁判になりそうですね。
Commented by 一刀 at 2007-05-28 09:50 x
そうですね。弁護とは何か?裁判とは何か?
色々なことが問われそうですね