よそ様のブログにお邪魔して

昨日は、玄武~若雷を倒しに行ってきました。党首して集めてみました。
アタックがいなかったので葵さんにヘルプ。武芸をだしてもらいました。
玄武はさくっと倒し千引きに行きましたが強行で行きましたが捕まり眠らせで行く事に。
無事に若雷を倒しクエスト完了。お手伝いの方ありがとうございました。

さて、昨日はよそ様のブログで長文書いてみました。
ここのコメントになぜあんなコメント書いたのか質問ありましたが徳川家の事が好きか嫌いかと問われれば移籍した経緯を考えれば正直嫌いですね。どうしても許せない人もいますしまあ、その方は合戦行かずに☆に篭ってますがそれも皮肉ですね。
そんな感情もありますが同時にゲーム開始時からの大切な知人がいる国でもあります。
その徳川家が今苦境に立たされています。それは知人の苦境でもあります。
できれば合戦に参加し手伝ってあげたいくらいです。しかし、今の私にはそれはできません。
そんな理由から何か一助になればと思いコメントを書いてみました。

私が書いたことはあまっちょろい考えかもしれません。私設での交流と言っても難しいかと思います。現に徳川の議長さんは「やっほー」開設時には協力もしないしそんな私設があっても参加しないと言っておられました。殺伐とした雰囲気が好きで馴れ合いが嫌いだそうです。
そんな議長の元では難しいかもしれません。ま、私の私設だからかもしれませんが・・・
話がそれました。
問題は、勝ち戦の時は「甘えるな、党首しろ、道覚えろ」と突き放しておいていざ負け戦になると「力を貸して下さい」「参陣してください」では「調子の言い事言うんじゃねーよ」と思われても仕方ないという所にあると思います。

合戦は自分で動かないと進まないものですが合戦にあまり参加しない方は戸惑うでしょう。
その分合戦によく参加している人はノウハウがあるはずです。
たとえ負け戦でもフォローしてあげるように手を差し伸べてあげるべきじゃないかな。
失敗したとしてもそれをフォローしてあげる気持ちが大切じゃないかと思います。
もちろんフォローされた側もそれに答えなくてはならないですしフォローする側も一人が責任を負うようなことをせずみんなで協力しあうべきだと思います。
そういった事ができるように平時からの交流を図るべきじゃないかなと思います。
その一つの手段として私設会話を利用してみては?と書きました。

もちろん他国民の私が書いたことですし「国をでたお前が何をぬかす」「お前の言うことなんか聞くか」と受け取られても結構ですしなにか一考すべき事では?と受け取られても結構です。
結局無責任なようですがどうするかは徳川の人達しだいなんですよね。
ただ、今は徳川家がまとまる良いチャンスのように思えます。もしここで何もしないと武田家と敵対同盟が結べて斉藤家から逃れられてもどこかと合戦になればまた同じ事の繰り返しになると思います。
私は徳川家の人達から拒絶された人間です。もう戻ることはありません。
ですがそれでも書かずにはおれませんでした。なにか徳川家の一助になれば幸いです。
[PR]

by pentori | 2007-09-01 10:01 | 信on | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/6095065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 一言 at 2007-09-01 13:52 x
風雲の歴史から見ると、強国徳川に変身するのはムリ。
あっさり武田と敵対同盟結ぶでしょ。
過去の伊豆沖で2、3回チャンスはあったけど全部脱兎。
大井川時代の徳川の人のブログ読むと、『身内で』とか『知人がきたので』武将にいったとか書いてる訳よ。
常に危機感もってる人なら、新参の人を誘おうとか考えるんだけどね。
一度でも修羅場くぐれば『どんな人でも合戦に来てくれるだけでありがたい』って事が分かるはず。
Commented by 一刀 at 2007-09-01 15:31 x
無理ですかねぇやはり・・・そこをなんとかw
たしかに強国と呼ばれる国は幾多の修羅場をくぐってますね
徳川にもチャンスありましたがいづれも楽な方に逃げてしまってますね・・・
結局楽な戦いしかしてないから一部の人達でなんとかなってしまって合戦に人のいる大切さを忘れてしまったのかな