さようなら、亀山薫 ありがとう、寺脇康文

ドラマ「相棒」で亀山薫=寺脇康文さんが昨日の放送で卒業しました

a0087851_19305465.jpg


昨日の感想としてはまずまずかな~
ちょっと自衛隊を悪者にしすぎ感はありましたけど
田母神論文とかありましたし、論文の是非は問いませんが
「(防衛)省に格上げされたからって少し調子に乗ってない?」
小野田官房長の言葉は皮肉でしょうが浮かれてるかもなあって気はしますね
伊丹も大活躍でしたね、病院でも薫との別れのシーンも良かった
鑑識さんがお守り渡すシーンも良かったです

亀山薫の杉下右京という人物を信頼している描写は良かった
「何年、あの人と相棒やってると思ってるんですか」このセリフは良かった
ただ、1時間で描くのは無理があったような
前後編なんだし主要キャストがいなくなるのにちょっと寂しいですね
結局シーズン7の1、2話の伏線で海外にボランティア?に行くようです
抗議というか批判もあるけれど仕方ないかもしれませんね
序盤の右京さんが怖かったけどw「つべこべ言わずに答えなさい!」
「また一人になっちゃったね」官房長の言葉が・・・
花の里での会話と伊丹とのやり取りは泣きそうになりました;;
「僕です、一言言い忘れていました。どうか気をつけて行って下さい。以上です」
右京さんの最後のあっさりした電話が寂しさを表してたように思えます
まあ、あっさりとした去り方でしたけどそれはそれで良かったです

寺脇康文さん
あなたの演じる熱血漢なちょっとドジもするユーモアもある亀山薫が好きでした
8年間「相棒」というドラマを作り上げたあなたの功績は偉大です
でも、役者としていつまでも「亀山薫」という役に縛られるのは良くないかもしれませんね
どういう経緯で卒業に至ったかは私にはわかりませんが
役者「寺脇康文」が新たなステップを踏み出すためには仕方ないかもしれませんね
寂しいですが「亀山薫」はいつまでもみんなの心の中に生きていると思います
これからも一人の相棒ファンとしてドラマを見ていきたいと思います
もちろん役者「寺脇康文」も応援していきます
長い間ご苦労様でした。すばらしいドラマをありがとう!

最後に一言
「特命係の、かめやまぁ~、元気でな!」
[PR]

by pentori | 2008-12-18 19:32 | 日常 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/7746745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。