昔の角川映画はすごい

戦国自衛隊のテーマ


小学生の頃テレビの放送で見たと思います
ラストはすごい泣いた記憶があります
この人達はなぜタイムスリップしたのか
すごい考えました 今見ても泣けるかも・・・
千葉真一さんと夏八木勲さんがかっけー

「戦国自衛隊」の挿入歌 ~ララバイ・オブ・ユー~

貼り付け出来ませんがこちらが泣ける
信頼し合っていた男と男の別れを感じます;;
火葬を見つめる夏八木勲さんの表情がたまりません

戦士の休息


野生の証明ですね
これもテレビで見た記憶があります
ラスト子供(薬師丸ひろ子)を背負って向かう高倉健さんが渋い

人間の証明


これもテレビでした、すごい豪華なキャスト
松田優作、三船敏郎、鶴田浩二、ハナ肇 、夏八木勲 、ジョージ・ケネディ
すごいな~と思います
「母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね
  ええ、夏、碓氷峠から霧積へ行くみちで 渓谷へ落としたあの麦藁帽ですよ」
(wikiより)
西條八十の詩が印象的でしたね

当時の角川映画ってすごいエンターテイメントな作品を送り出してますよね
CGとかなくてもなんかパワーを感じます
これは出演していた俳優さんの力が大いにある気がします
なんというか今って映画俳優っていない感じ
テレビの延長線で出てる感を感じます
良い俳優さんはいると思いますがどうも小じんまりしてる気がします
そういう時代といえばそれまでですけどねw
[PR]

by pentori | 2009-01-25 09:56 | 日常 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/7851896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じゅんぼう at 2009-01-26 18:19 x
戦国自衛隊はテレビで放映したのを録画して今だに大切に保管してあります♪

ストーリーの強引な素敵さに笑えm、、じゃなくて、泣けますw
Commented by pentori at 2009-01-26 19:06
いいですな~
子供の頃はレイプシ-ンが気まずかったw
DVD見たいけどまた泣きそうなんだよねぇ