相棒 最終回 「特命」

昨日の「相棒」
相変わらず見てない人にはなんのこっちゃな内容です

原点回帰

そんな言葉が思い浮かびました
土ワイ時代の右京さんが帰ってきた感じ
新相棒の神戸尊とのギスギスしたやり取り
丁々発止のやり取りが良かったですね
余計な一言をお互いが言い合ってそこが面白かった

横溝正史っぽい雰囲気でしたね
神戸君を選んだ基準はなんなんでしょうね
小野田官房長の「君が優秀だから」は額面通り受け取れませんねw
「駆除」とフッと笑う小野田官房長は食えませんな~
事情を知らない刑事部長が冷たいな~
初対面で握手をスルーする右京さん
死体が苦手な神戸君、警備部だから仕方ないですかね

「君は亀山君の代わりにはなれません」
右京さんから久しぶりに「亀山君」て聞いた気が、ファンサービスぽい発言ですが
うれしいですね、ああいう言葉
右京さんにネチネチ言われてましたが
荒い運転で右京さんを驚かせたのは意趣返しでしょうかね
右京さんの「なんだ、こいつ」って顔が印象的w
「黙っててください、僕には僕の段取りがありますから」冷たいあしらい方でした
福助さん名前と違って幸薄いですね
久しぶりに花の里に小野田官房長が来てましたね
「みんないつもお前に興味があると思ったら大間違いですよ」
「困ったことがあったら言ってよ相談に乗るし」
この二人のやり取りは面白い、やさしい官房長の腹の中が見えませんね

子を思う親の気持ちが起こした事件でしたね
たしかに右京さんが事件にしなければ保険金も降りて良かったのでしょう
福助さんにはつらい現実ですが真実は知らないとですね
「汚いぞ杉下!あんたは息子の心を人質に…!」
「あなたは息子さんの心まで殺す気ですか」
このやり取り凄かったなぁ
甘い嘘より苦い真実を追及していく
事件を見過ごせない右京さんのそれが正義なんでしょうね
神戸君はそこには否定的な感じでしたが・・・
その正義がブレないからこそ時に警察の正義を超えて疎まれるのでしょうね
小野田官房長がいつか言っていた
「杉下の正義は暴走するよ」って言葉が思い出されました

きーちゃん、死んでしまいましたね
まさか第二の事件が起きるとは
弟さえいなくなれば・・・気持はわからないでもないですが
後悔という重い十字架を背負わなければならないお姉さんも気の毒ですが・・・

どちらも救われない事件でした
まあ、この後味の悪さが相棒の醍醐味なんですが
「善人なればこそ鬼の餌食になりやすい」
些細な事で人の心には鬼が忍び込む
私たちにも当てはまることですよね

「亀山巡査部長はどういう神経をしてたのだろうか」
神戸君の疑問ももっともかなぁw
及川光博さんは良かったです
でも、これで最終回ってつらい、シーズン8が早くみたいです!
[PR]

by pentori | 2009-03-19 19:31 | 日常 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/8082427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toranokiba2000 at 2009-03-20 22:51
やっと新たな相棒が登場したのに・・・・・
なんだかテレビサイドの思うツボに、はめられた感じですね(^v^)
Commented by pentori at 2009-03-21 09:23
まったくですw
劇場で相棒7・5で少しでるらしいので楽しみです
テレ朝の商売上手w