相棒 「錯覚の殺人」&小牧山援軍

昨日の相棒
中年男性が年下の教え子との恋愛
そこに「自分の様な年上が・・・」と蔑まれたと勘違い
彼女を殺害してしまう、しかし彼女は本当に愛していた
人間の錯覚を研究するプロが実は殺人の動機が錯覚だったと
なんとも、男女のすれ違いが生んだ悲劇でした
まあ、たしかに僕も40になりましたが
20歳前後の女性と付き合うとかは考えられないですけどねw
世の中年男性の悲哀、推して測るべしって感じ

以下はいつもの通り見てない人にはなんのこっちゃな話

玄関で見かけただけで靴の異常に気付く右京さんて・・・
カレンダーの数字に気付いたりさすが細かいところが気になる右京さん
相変わらず伊丹刑事は特命を邪魔者扱いw
体で止めるとこがカワイイ

錯覚のクイズ合ってて神戸君の腕叩くとこもカワイイ右京さん
神戸君の探りをいれる為に芹沢刑事を送り込む伊丹刑事
でも、思い切り手伝わされてた芹沢刑事でした
うまい具合に通話記録を目の前にだす鑑識さん
右京さんとの相性バッチリですねw

なかなか手強い近藤芳正さん演じる教授でしたね
ルナクラってグループはゴスロリファンが多いのかしら
シャツの紛失気付くのはさすが右京さん
狩りだされた芹沢刑事もご苦労様

感情的になってましたね、神戸君
右京さん差し置いて容疑者を追及してましたね。でも、ツメが甘い
神戸「俺は自分が人より頭がいいと思い込んでる人間が嫌いなだけです」
右京「なるほど」 ちょっとキャラクターがでてきましたね神戸君
でもまさか証拠品を着ていたとは思わなかったです
色の錯覚を利用した教授らしいトリックでした

「どんなに頭のいい犯人であろうとそうではない犯人であろうと
   人を殺した罪は等しく贖わなくてはならない、それだけです」
これが右京さんの正義のような気がしますね
神戸君リポートでてました、「杉下右京、いぜんとして謎多し」と

今週も面白かったです。次回も楽しみ^^

さて信Onはというと久しぶりに合戦に参加
評定参加してたら合戦の虫が騒ぎだしました
織田さんの小牧山援軍でしたがマラソン遠いわぁw
知人二人と行ったので強行使えて良かったけど
参加したら「ブログ見てます」って声かけられて
恥ずかしいやら、うれしいやらでなんか照れますね
これからも見てくだしぃ
合戦の方はというと右先奪還だったかな?
ゲリラ参加できました。相手が守将なんで張り合いないですねw
でも、久々の合戦は楽しかった
あまり参加できないかもしれませんが、がんばろうと思います^^
[PR]

by pentori | 2009-11-12 19:45 | 日常 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/9235357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。