相棒 「マジック」

昨日の相棒
親の心子知らずという言葉があるけれど
子の心親知らずって感じのお話
弟子の才能に嫉妬し子供の才能に嫉妬し
その事を子供は気付いていた
そして自らの身を滅ぼしてしまった
NO.1になるのは大変だけど
そればかりにとらわれて大切な物を失わないように

見てない人には何のこっちゃな話

久々のたまきさんとのデートですかね
「違います!」って言われそうですがw
中村有志さんは芸達者ですよね、大好きです
事件を呼ぶ体質なのは特命係の宿命かしら
右京さんが通報したんですね
たまきさんが神戸君に知らせたのか
「人を欺くのが得意ですもんね」って神戸君w
伊丹刑事の後について回る特命係の二人がなんかカワイイ

下積みの時代が長いと苦労させたくないという思いを信じてましたw
トランプの数字を当てる右京さんはさすがな洞察力
マジックカードってあるんですな
「よく気付く人なんです」ってのも神戸君らしいセリフ
ボールペン型のICレコーダーで浮気させて
別れさせ工作とかあるんですな
なんか離婚話をする右京さんが良い感じw
鑑識さんは逃げた女房の番号入れてるんですなw

あるところに無いものと思わせる
マジックの常道ですね
伊丹刑事とよく会いますな特命係
転んだお客さんがキーでしたね
伊丹刑事の話に割り込む右京さんw
4年前に亡くなった人のトランプが部屋にあった
にを気付くのはさすがな右京さん

お子さんが事件に絡んでるのかな~って気がしましたが
お父さんと仲が良かったんだなとは思いましたね
お父さんが脅されてるのを目撃した上の犯行かなと・・・
でも、偶然トランプ捨てるお父さんを目撃したってのはちと無理がありますな
脚本のアラが見えますな
ヒマ課長は挽きたてとインスタントの区別はつかないみたいね
でも、重要なヒントになったようですね
落とすはずの布を床に見せかけて落としたんですね
布が三つ折りでそこまで読む右京さん
立ち位置が違うとこからも読むさすがな右京さん

息子は「女の子」父親は「あばあちゃん」言葉の食い違いで
謎が解けましたね、腕時計をつかんだキズだったんですね
子供は親の罪を防ごうとしたんですね
4年前の事故の謎も・・・
才能を脅かす者は敵、ですか
でも、子供は知っていて父親のマジックが一番好きだった
「結局落とし穴に落ちたのはあなたご自身だったようですね」

コーヒーを疑うヒマ課長でも、インスタントでしたw
「ほんとに挽きたて?」で慌てる右京さんと神戸君で締めでしたな

ちょっと今回は無理がある脚本だったかな~、次回に期待

さて信On
瓦の玄武行ったり不老編の手伝いをしてました
ちょっとショックな事実もあったり・・・
3月はいろいろ人が動く時だからなぁ
[PR]

by pentori | 2010-01-28 19:22 | 日常 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://akagisan.exblog.jp/tb/9792602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。